チムジルバンで汗蒸幕とヨモギ蒸し BY.とまこ | 旅のエキスパート | BLOG's

海外プロ スタッフのブログ!

チムジルバンで汗蒸幕とヨモギ蒸し BY.とまこ(2016年3月10日)


チムジルバン(=韓国のスーパー銭湯)『スパ・レックス』を訪れたお話の続きですよ~。
前回は中の施設をぐるっとご紹介いたしました。
今回は、中でも楽しみにしていたビューティ・アクティビティの『汗蒸幕(ハンジュンマク)』と『ヨモギ蒸し』体験のお話をどうぞ。
汗蒸幕は、韓国の伝統サウナで、歴史は600 年にもなるとか。この石のかまくらみたいな型が、エキゾチックでグッときます。
素材で特徴的なのは黄土。黄土は、長い間太陽の光を浴びて太陽エネルギーを蓄えた黄色い土で、遠赤外線を発するそう。それが、細胞を活性化して、血液の循環を促し、新陳代謝を高めてくれるのですって。いかにも美容と健康によさそうです。
よく、汗蒸幕は熱すぎるから、麻布をかぶって入ると書いてあるけど、スパ・レックスではそのまま館内着だけで入りましたよ。
温度は、それぞれ92度と116 度。手始めに92度の方へいってみましょ~。入ったのは深夜12 時過ぎ、いたのはおじさんひとり。
あぐらをかいて、真剣な顔をして耐えています。いやいや100 度弱なんて甘っちょろい! とココロの中は完璧上からでしたが......うん、あっつい! 体を内部から温める遠赤外線効果でしょうか? あっつい!! 命からがら汗蒸幕から脱出すると、目の前に南極ばりの寒い部屋が!なるほど~、これは確実に入りたくなりますね、南極ワールド。はじめがここ、1.6 度の部屋。スーーーッ。う~ん、命拾い(●´ω`●)......そして、奥は、もーっと冷えてる部屋。
スッとするとか言ってられませんてば。すぐ退散。
どこの国でも、サウナの後は水風呂やら湖やら、なにかの手段で冷やすけど、それには自律神経を整える効果があるそうですよ。
体がぽかぽかと温まっている状態から、一気に冷やされると、交感神経が刺激されて、血管やら毛穴やらがきゅっと引き締まり、
体が緊張状態に。そしてまた体温が上がると、こんどは緊張の反動でリラックスモード。このゆるむ時間が自律神経を整えてくれるんですって。ストレス解消や不眠症の改善、疲労回復などにつながるとか。熱いから寒いとこへ! って気分だけだったけど、
思いがけずないナイスな効果。まぁ、ストレスなさそうだし、3秒で寝られるけど、個人的な話。
そしておじさん、強いじゃありませんか! 耐えてる風なのに、いつまでも立たない。わたしも、彼が立つまでは! と気合いをいれます。10 人くらいよゆうで入れるスペースはあるし、ストレッチをしながら、気をそら......せません。。。   あっつ!!!   降参です(泣)。
さぁ、適度に体を冷やしたら、次はいよいよ116 度。初め、どっちにも入っていなかった時は、116 度ですら余裕だと思っていたけど......。92 度の部屋で、まさかの黄土(遠赤外線)効果を実感したので、びくびく入ります。
はい、あっついです。つべこべ言わず、2、3分で退散。
さぁ、地下3階に上がったら、こんどはヨモギ蒸し。こちらは入館料には含まれておらず、追加の12000 ウォンです。
生理不順や便秘、冷え性や不妊症にも、また美白や美肌にも効くそうで。
もちろん、汗をいっぱいかいて毒素出して、ダイエットにもいいっていうんだもの、全効果ください! もちろんやりますとも。ロッカーからお金を出し、直接誘ってくれたおばちゃんに手渡します。
特にチケットやレシートをくれる訳ではないですが、お互い顔をしっかり覚えてるからオッケーでしょ。じゃ、いったんお風呂にってきまーす。
汗を流したら、裸でおばちゃんのもとへ。この部屋に通されました。部屋の温度管理は特にされておらず、扉開けっぴろげの状態。
このイスに座るんですって。イスの下にあるのは、こんなホットプレートみたいの。
そこにおばちゃんがヨモギと、お湯と、レモングラスのようなアロマを入れてくれたタライを持って来てセット。
次に渡されたのは、首から足先まですっぽり入る、長~いポンチョ。てるてる坊主式です。熱も水分も一切逃しません、といわんばかりの素材で、手もでません。それをかぶってイスに座ると、タオルで髪の毛を覆ってアップにしてくれます。
そして座り方の指導。ボディーランゲージでニコニコおしえていただきました。
イスの穴からのぼってくるヨモギの蒸気を、膣粘膜から吸収できるよう意識して座ります。でも穴を全部は塞ぎません。ポンチョの中にも蒸気を蔓延させるよう、半分は通り道を作ります。で、足はクッションの上に。ちょうど体育座りした足を左右にずらすかんじですね。
おばちゃんは、氷たっぷりのザクロジュースを用意してくれました。ていったって、手はポンチョの中だけど......隣のテーブルにおき、顔を近づけてストローでちゅるちゅるするお作法です。
さて、すぐさま体が内部からあっつくなるのがわかります!いや、あつすぎるくらい。てるてる坊主の中は、緊急の汗洪水!
ていうか粘膜が火傷しそうな熱さだけど??! ほんとこの文化のやることは激しいわぁ......ちょっとずつ、蒸気を受ける場所をずらしながらなんとか耐えます。
でも、ダイレクトに体内をヨモギが循環するイメージはほーんと効きそう。なんだって、意識が効果を高めてくれるはずですもんね。
で、韓国の音楽番組を部屋のTV でぼんやりみながら40 分。長い! きもちいいけど、結構きつい! けど、やればやるほど効き目があると思うと、ギブアップできない! 耐え切りました......。
終わった後はよろよろ。すっきりしてるけど、ぐったりもしてる(笑)。お風呂で体を流すと、帰る準備です。
ヨモギ蒸しの部屋をでた辺りでドリンクも売ってるので、
ザクロジュースくらいじゃ足りなかった方はこちらもどうぞ。
借りたタオルはロッカーの辺りにあるバスケットにいれ、レセプションで鍵を返したらさようなら。あ~大満足!
で、時間は......深夜3時です。23 時に入ったから、4時間たっぷり満喫してたってことですね。
ちなみに、お宿は『ヨンビンホテル』。東大門歴史公園駅から徒歩5分。スパ・レックスからも10 分以内。キレイで便利な立地のお安いホテル。使えるでしょ。
汗蒸幕の熱さと、冷却室の寒さの差は激しすぎます!
さすが、情熱的な韓国らしいですね......。部屋はこんな感じ。広々~。翌朝めざめたときは、お肌がつるっつるで震えました♪
汗蒸幕にヨモギ蒸し、ばっちり効いたようです★イルミネーションを楽しみつつ、てくてくてく。12 月の訪問でしたが、寒すぎる感じはしなかったな~、ヒートテック、ニットワンピース、コートで充分。あ、チムジルバンで体の芯の芯まで温まってたからかな。
【スパ・レックス】
ソウル市中区乙支路6 街18-21
グットモーニングシティビル地下3階

このページの先頭へ