整体しながら気を注入!絶対オススメ、不調なくても行くべし。 BY.とまこ | 旅のエキスパート | BLOG's

海外プロ スタッフのブログ!

整体しながら気を注入!絶対オススメ、不調なくても行くべし。 BY.とまこ(2016年3月29日)

整体しながら気を注入!絶対オススメ、不調なくても行くべし。  受付で『Circulation ―循環―(脊椎矯正と一部分集中気功マッサージ)』1000 元を選んだら<奥の部屋へと進みます。 台北で「健康・美容」をキーワードに、いろいろ探っていたら、『宗元堂』の楊先生の気功整体がすごい! ということを知りました。 観光客だけでなく、地元の方、台湾に住む日本の方々の信頼も厚く、入れ替わり激しい台北で21 年の歴史があると。実は『自分の体は大丈夫』、という漠然とした過信があるのですよね。普段から筋トレやストレッチが好きなのが理由ですが(笑)。例えば、取材時以外はパソコンに向き合っている時間が長いけど、肩こりがほぼなくてびっくりされるし、背筋も伸びている方だと思います。 とはいえ、どんな人でも長く体を使っていれば、どこかは歪むだろうなぁ、という漠然とした心配も。でも上記理由で後回しに......。台北でしか受けられないなら、後回しなんて言ってられません。チャンス到来、 張り切って行ってみましょう~!場所は圓山駅から徒歩7分ほど。一切宣伝めいた飾りのない店舗に、グッと来ます。これは、信頼の証と言えそうです。 壁には、楊先生と奥様の刈田真由美さんのお名前が。そう、奥様は日本の方なのです!楊先生のお言葉を通訳していただけて、とっても安心。シンプル(笑)。ほんと、媚びを一切感じないのがとっても好きです。『腕』こそが人気、というのがよくわかります。 部屋の隅にはこの、経絡とツボのかき込まれた人体像が。コレをきっかけに、なんとなく、体の質問を刈田さんにポロッとすると、しっかりお答えいただいて。こぼれ話ができるのは、言葉が通じる喜びですね~。そうそう、服装のこと。このときは、カットソー生地のワンピースにレギンスとショートパンツ、上にはゆるいシャツをはおるという、なんの気も使わないかっこうで訪れてしまっていて一瞬ハッとしましたが、問題なかったです。しわが気にならない服で、 パンツが見えなければいいんじゃないかな(笑)。観光途中でも立ち寄れますね。 さて、仰向けに寝ころんで施術開始です。まずは肩から腰、足へと整体は進みます。とんとんと叩いたり、グッと力をこめて押したり。これは骨と筋肉をゆるめ、気や血流をよくしているそうです。同時に、ツボを押しつつ気を注入! これが、『気功整体』の名称の所以で、短時間で施術できる工夫だそう。お子さんや、本当に腰が弱っている方などは、長時間寝ころぶことも難しいので、楊先生が編み出したんですって。        ボキボキボキボキッ!派手に鳴りました~。人生初のボキボキにうきっ。 ぜんぜん痛くないですよ。気持ちいい♪ このボキボキいうところが骨のズレのある箇所とのことで、しっかり戻してもらっている感もつかめさらにいい気分。 わたしは骨盤の中心にある仙骨の周りの筋肉が硬いそうです。座り過ぎって言われました。なるほど、日々のパソコン作業はここにでました。そうして硬くなったお尻の筋肉が骨を圧迫して、神経伝達や血流が悪くり腰も硬くなって、そ の影響でお腹周りの循環も悪く なるんですって!! 便秘の要因がわかってよかったです......(涙)。 続いて、首と腕、手と指もチェック。そしてゴリボキポイントが首に。 なかなか大胆にズレてますよ、と。一眼レフカメラを日々首からかけて歩き回ってますからね。ギクッ。親指もとってもズレてると。公私ともに、スマートフォンでメモすることはとても多いです。みごとな現代人ですね(笑)!ほっといたら永遠にズレ続けるところでした。あぶないあぶない。 診察はとっても手早く15 分弱で終了。整体、ツボ押し、気の注入を同時にされる楊先生ならではです!  そして立ち上がって納得。体が軽~い! 重いとも思ってなかったのに、すごく軽い。1番感じたのは首回り。とってもスッキリしてるし、まっすぐのびてる気がします。『ちょっと歩いて気を流してくださいね~』と言われ部屋をちょこちょこ歩く。 なんとなく、体の芯からエネルギーを感じるような。その後、またカメラやらなんやらと荷物を持って町へと繰り出した訳ですが、一歩一歩が軽やかで♪ 繰り返しますが、重かった訳じゃないのに、軽やかさを感じるって、すごくないですか。 体調悪ければ効果も感じやすいでしょうけど。楊先生の技にすっかり感動。定期的に通いたいなぁ......。また、大好きな台北に戻ってこなければならない理由ができました★ 【宗元堂】 台北市哈密街142 號 月~金・10:00~20:30 sougendo@gmail.com 02-2594-1192 から要予約

このページの先頭へ