★ソウル視察出張レポート~

海外プロ スタッフのブログ!

★ソウル視察出張レポート~"3日目最終日~板門店"★(2014年1月21日)

★こんにちは、NISSIN TRAVEL ONLINEスタッフ渡辺です!

STUFF.jpg
 

 さあ、いよいよ板門店に向けて出発です。

朝8:50 ロッテホテル駐車場出発です

行きは1時間30分ほどで到着するみたいです。

20140121_am004.jpg

日本人観光客専用の大型バスで向かいます

20140121_am005.jpg

1時間30分の移動中、ガイドの説明や元北朝鮮で脱北した女性の状況や質疑応答などあり、興味深く時間が過ぎていきます。

ツアーで特に注意しなくてはいけないのが、服装です。

やぶれたジーンズ、スウェット、革のズボン、ミニスカート、白やピンクなどのストッキングなどはダメとの事です。

もしそんな格好で参加すると、ツアー会社がちゃんと着替えを用意していて、それに着替えるんだそうです。

何でダメか?  やぶれたジーンズは北朝鮮の人民に南側は貧しい生活をしているので、やぶれた服を着ていると写真を取られて使われる。

ミニスカートや白いストッキングなどは、徹底した節制の北朝鮮軍人に刺激が強すぎるとの事です。

そして、サンダル。いざ何かあったときに走って逃げれないからとの事です~。

20140121_am006.jpg

いよいよ非武装地帯に入ります。

2箇所ほど検問があり、韓国側の連合部隊の軍人に検問をされます。

緊張してきますね~

20140121_am007_1.jpg

最初に到着したのが、キャンプボニファスという南側連合部隊の施設です。

こちらで、板門店の歴史やツアーの説明が30分程度あります。

ツアー終了後は左側の丸い建物の「ギフトショップ」で関連グッツも買えます。北朝鮮のお金や、将軍愛飲のワイン?なども売ってます。

20140121_am007.jpg

何があっても責任は求めませんという誓約書にサインします!なんだか怖いですね~

ガイドからは何にも心配いりませんよ~と説明されますけどね。

20140121_am008.jpg

説明が終わると、いよいよ板門店に向けて移動です。

軍所有の専用バスに乗り換えます。事前に不審物がないかチェック済みのバスでないと行かれないそうです。

20140121_am009.jpg

到着です。

手前の青い建物が「軍事停戦委員会本会議場」です。1950年勃発の朝鮮戦争の停戦を決定した会議場です。

建物の中間が南北の国境線となります。

奥の白い建物が北朝鮮側の建物です。北朝鮮軍人が双眼鏡で我々の行動をチェックしてます!

見えない場所からもチェックされているそうです!!

手前の軍人は韓国軍の軍人です。40分おきに10分程度休憩して相手側を監視しているそうです。

本日も氷点下ですが微動だにしません。建物に半身隠れた位置に立つ兵士は、いつでも、即発砲できる様に

銃に近いところに手をかけているためだそうです!!  きっ緊張~しますね~!!!

20140121_am010.jpg

軍事停戦委員会本会議場内部です。屈強な南側兵士が警備に立ってます。

20140121_am012.jpg

手前の机が丁度中央に置かれています。その机の向かって左側が韓国、右側が北朝鮮です。

そう、建物の中では、国境を越えて北朝鮮に入っていることになるんです!!

20140121_am011.jpg

たまたま、北朝鮮の軍人も建物の外に警備に出てきました。

テレビの画面でしか見たことのないあの軍服が目の前に!緊張感MAXです!

15分程度滞在し、会議場を後にします。

 

その後、バスから車窓にて、板門店で発生した軍事衝突「ポプラ事件現場」や朝鮮戦争以前に南か北を選んで渡り二度と別の国に入ることが出来なくなった橋「帰らざる橋」などの見どころを巡ります。

20140121_am013.jpg

見学後は名物の「プルコギ」です。甘辛いたれで煮込んだ薄切り牛肉と野菜をご飯にかけたりして食べます。

日本のすき焼きをご飯にかけて食べる様な感じですね~。 おいしいですよ~

昼食を終えて、ソウルに戻ります。

3時頃出発したロッテホテルの駐車場に到着しました。

このページの先頭へ