【スタッフブログ】フアランポーン駅 デビュー | スタッフ | BLOG's

海外プロ スタッフのブログ!

【スタッフブログ】フアランポーン駅 デビュー(2017年12月26日)

初めて訪れたバンコクの中央駅 国鉄「フアランポーン駅」は、鉄子カマモトの大好きなスポットになりました 
 
kamatai001-(1).jpg

ドイツ フランクフルト駅をモデルにデザインされた駅舎

 
タイ国鉄フアランポーン駅は、バンコク最大で最古の駅であり昨年100周年を迎えました。
チェンマイまでの北本線、ウボンラチャターニーとノンカイまでの東北線をはじめ、東線、南線、
マレーシア行き国際鉄道の路線などが発車されています。
kamatai001 (12).jpgのサムネイル画像

乗車券売り場

 
地下鉄(MRT)のフアランポーン駅からのアクセスも良く、タイの国内、世界中からの観光客の足となります。
kamatai001 (2).jpg
待合スペースから見た駅構内の様子
 
 
kamatai001 (3).jpg

駅MAP。何箇所かに掲げられている

 
しかもタイ国鉄の駅は改札がないため、自由に駅のホームへ行き来できます。ホームは1~12番まで。
機関車や客車はもちろん線路も観察可能!
kamatai001-(13).jpg    
   
線路内や車両の近くへも行ける!タイならではの鉄道写真撮影が可能なのです。
(安全には十分気をつけてくださいね!)
 
 
kamatai001 (10).jpg

チェンマイ行きの車両の前

出発や、到着されるお客様や、車両前で駅員がミーティングしている姿を見ると心が躍る。
フアランポーン駅からストーリーが始まっています!
 
kamatai001 (11).jpg

夜は綺麗にライトアップもされます

 

image02666.jpg

街が明るくなるまでライトアップされています。朝方は、汽笛が周辺に響きます。

 
実は「フアランポーン駅」は、中央駅としての機能が「バンスー駅」へ移転する計画が発表されています。
今月、タイ国鉄駅員に話を伺いましたが、約4年後とのことです。(遅れることも予想されますが…)
移転前に「フアランポーン駅」へぜひ訪れて欲しいです。
 
そして、おまけ。
建設中の「バンスー駅」駅舎は自身の予想よりかなりの大きさでした。
kamatai001-(14).png
   
 
 
鉄道の旅は、観光地へ訪れる前に、ワクワクがたっくさんある。
実際に訪れてみて心動くこのキモチ! 鉄道を通して、旅行っていいなと再認識しました。
 
【ご案内】
残席5席となりました。
普段入れない車両区の見学へご案内、線路市場のメークロン線を訪れ乗車。SLにも乗車します!
 

このページの先頭へ