海外でのクレジットカード利用についての注意点はありますか?(ハワイ・グアム) | その他質問について | よくあるご質問

海外ツアーのご予約について、お客様から多く寄せられるご質問に回答いたします。

Q. 海外でのクレジットカード利用についての注意点はありますか?(ハワイ・グアム)

【ハワイ】
コンビニやファストフード店、ファーマーズマーケットの一部店舗を含め、ほとんどの店舗で少額からカードが使用できます。
バスは現金しか使えません。タクシーはカード利用可なものがあります。ホテルや店舗でカードが使えるタクシーを呼んでもらいましょう。 
基本的に海外でのカード利用手数料は約1.63%で、日本の銀行などで米ドルに両替する際の手数料約3% (2013年1月22日現在)よりもお得。積極的にカードを活用しましょう。
ちなみに現地では、わざわざ両替所を探したり、両替のために並んだりしなくても、ATMでVisaやMasterなどのカードを使って現地通貨を引き出すことが可能です。クレジットカードでのキャッシングの場合、利息が心配だという方もいらっしゃるかと思いますが、実は、翌月払いなら2%前後で両替手数料よりも安く済むことが多いんです。 
ATMはホノルル国際空港をはじめ、ショッピングセンターなどいたるところに設置されています。日本語対応の機種もかなり普及しています。 Bank of Hawaii, Ocean Pacific, American Savings などの銀行のATMが日本語に対応しています。
また、ホテルや免税店(DFS)などでは支払い時に、円決済にするかドル決済にするかを尋ねられることがあります。円決済の場合、両替手数料を上乗せした金額が請求されるため、損することもしばしば。ドル決済にしたほうがたいていお得です。 
なお、カードを紛失した際は、カード会社の24時間日本語対応の緊急窓口に連絡すれば大丈夫。緊急カード再発行や緊急キャッシュデリバリー、カードの緊急停止を行っている会社もあるので、相談してみましょう。 万が一カードが第3者に不正利用されても、「ゼロライアビリティ」という不正利用補償制度が適用されるので安心。本人に明らかな過失がある場合を除いて(暗証番号をきちんと保管していない、カード裏面に名前を記載していないなど)、請求は取り消され、不正請求分は補償されます。緊急窓口の電話番号は出発前に必ず確認していきましょう。

【グアム】
コンビニ、ファーストフード店を含め、ほとんどの店舗でカードの使用が可能です。ただ、タクシーやシャトルバスのチケットは現金のみ。
基本的に海外でのカード利用手数料は約1.63%で、日本の銀行などで米ドルに両替する際の手数料約3% (2013年1月22日現在)よりもお得。積極的にカードを活用しましょう。ちなみに現地では、わざわざ両替所を探したり、両替のために並んだりしなくても、ATMでVisaやMasterなどのカードを使って現地通貨を引き出すことが可能です。クレジットカードでのキャッシングの場合、利息が心配だという方もいらっしゃるかと思いますが、実は、翌月払いなら2%前後で両替手数料よりも安く済むことが多いんです。
グアム国際空港をはじめ主要なショッピングセンターなどの観光地に、日本語対応のATMが数多く設置されています。 Bank of Guam, Bank of Hawaii, Citi BankなどのATMが日本語対応しています。
また、ホテルや免税店(DFS)などでは支払い時に、円決済にするかドル決済にするかを尋ねられることがあります。円決済の場合、両替手数料を上乗せした金額が請求されるため、損することもしばしば。ドル決済にしたほうが大抵お得です。
なお、カードを紛失した際は、カード会社の24時間日本語対応の緊急窓口に連絡すれば大丈夫。緊急カード再発行や緊急キャッシュデリバリー、カードの緊急停止を行っている会社もあるので、相談してみましょう。 万が一カードが第3者に不正利用されても、「ゼロライアビリティ」という不正利用補償制度が適用されるので安心。本人に明らかな過失がある場合を除いて(暗証番号をきちんと保管していない、カード裏面に名前を記載していないなど)、請求は取り消され、不正請求分は補償されます。緊急窓口の電話番号は出発前に必ず確認していきましょう。

 
 

 

このページの先頭へ