台湾鉄道大満喫ツアー6日間

日本の新幹線技術が駆使された台湾高速鉄道をはじめ、特急普悠瑪、普通区間車やローカル線にも乗車するまさに台湾鉄道づくしな旅。また、台湾最大の車両基地である台北鉄道工場や台湾で唯一保存された扇形庫である彰化扇形車両区へも訪問。
台湾には日本統治時代に整備された駅舎も多く残り、昭和時代にタイムスリップした車窓からの風景の中、駅弁を食べながらノスタルジックな鉄道旅を楽しむことができるでしょう。

旧台北鉄道工場・彰化扇形車両区見学

台北鉄道工場は日本統治時代の1935年より台湾最大の車両基地として車両の整備や組み立てなどが行われ日本統治時代に建設されたという組み立て工場や1889年製の設備を残す鍛冶工場。工員たちが汗を流した大浴場、「英国の貴婦人」と呼ばれて親しまれたEMU100型電車など見学できます。
日本統治時代の1922年(大正11年)に建造、1932(昭和7年)年に完成した彰化扇形車両区も訪れます。鉄道ファン垂涎のレトロ扇形車庫が見どころ。動体保存されている貴重な車輌の見学ができます。

タイ国鉄 路線図

集集線・内湾線 ローカル線乗車



タイ国鉄 路線図

集集線は「二水駅」から出る全線非電化の単線鉄道で、一日に13往復のみの運転です。片道約50分の旅を終えると、電車は集集線の行き止まり、終着駅の「車?」に到着します。到着した電車がそのまま折り返しで「二水駅」に戻ります。
「二水駅」では蒸気火車頭陳列場見学 内湾線は台鉄新竹駅と内湾駅を結ぶ。終点の内湾駅は、1950年代の懐かしい風情を残しています。
観光地として人気が高い内湾老街はレンガ造りに日本式の瓦葺き屋根など、ノスタルジーな風景を楽しめます。

哈瑪星台湾鉄道館 旧打狗駅故事館見学



ナムトック線

哈瑪星台湾鉄道館

鉄道をメインとした台湾初の鉄道博物館、見所はアジア最大のHOゲージジオラマ

旧打狗駅故事館

旧高雄港駅をリニュ-アルした博物館、館内には当時使用されていた駅長室をはじめ貴重な資料に時刻表、看板などが展示されております。



ツアーページ




画像提供 台湾観光局

このページの先頭へ